座位保持とバイオメカニズム

2020/04/12 23:27
座位保持とバイオメカニズム 廣瀬秀行 バイオメカニズム学会誌,Vol.31,No.1(2007) P8-11  車椅子座位を含む座位保持に対して,バイオメカニズムの観点から評価や考察が症例を挙げて紹介されている.  2例の症例に対して,その対応方法が考察を含めて端的に説明されており,その補助としての図が,骨模型のコンピューターグラフィックスを使用しているため,骨がどの位置にくるのか等非常にわかりやすい. マット評価とは 車椅子座位を考える上で,..

続きを読む

リハビリテーションの進め方

2020/02/07 22:26
リハビリテーションの進め方 和田直樹 JOUNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.22 No.4 2013.4 P347-352    長期経過をたどるパーキンソン病のリハビリテーションの進め方として,症状・重症度にわけて紹介してある.  治療法の進歩によって,パーキンソン病の生命予後は向上しているが,長期治療による問題点が指摘されている.  パーキンソン病を有する患者様に対して何を目標とする..

続きを読む

アキレス腱炎,足底筋膜炎から見た歩行の運動連鎖

2020/02/03 22:22
アキレス腱炎,足底筋膜炎から見た歩行の運動連鎖 近藤崇史 PTジャーナル・第47巻第2号・2013年2月 P153-159  アキレス腱炎・足底筋膜炎を代表疾患として,歩行(踵離地)と足関節・足趾の動きがどのように代償するのか,どのように評価・アプローチするべきかが紹介されている.  解剖学の基礎から運動学の考えである運動連鎖から説明されており,最終的には著者の行っている評価・アプローチ・考察が丁寧に説明してあり,非常に応用性の高い情報..

続きを読む

体幹筋の筋力評価と筋力増強の実際

2019/12/13 23:02
体幹筋の筋力評価と筋力増強の実際 田口孝行、中山彰一 理学療法21巻3号 2004年3月 P483-489  体幹を固定する為に不可欠である体幹筋を評価、増強練習を屈曲−伸展に分けて、年齢別の測定値等のデータとともに紹介してある。 15年前の情報ながらどのくらい色あせているだろうか?否、基本の重要性を改めて感じる。  体幹トレーニングでは、cybex等の等速性運動ができる機器を用いて、再現性ある動作でデータをとる場合が多いが、 ..

続きを読む

プラスチック短下肢装具の適合

2019/10/23 01:10
プラスチック短下肢装具の適合 島津尚子 PTジャーナル・第48巻第5号・2014年5月 P449-456  短下肢装具の基礎知識から,装具作成の流れ,AFO装着下での動作確認のポイントについて書かれている.  装具装着の際の基本である3点固定や,プラスチックの可撓性,制動・固定・遊動が図と共に説明してある為,復習も兼ねて読んで欲しい.また,靴を履いた状態でのAFOの関係性について書かれており,装具学の教科書ではない実践的な着眼点として面..

続きを読む

リンパ浮腫に対する理学療法

2019/09/24 00:44
リンパ浮腫に対する理学療法 小野部純,山本優一,古澤義人 理学療法 第31巻 第10号 2014.10 P1014-1024  リンパ浮腫におけるセラピストに求められる,保存療法・外科治療,評価,治療に関して,症例検討も含めて紹介されている. 国際リンパ学会によるリンパ浮腫の定義 「リンパ輸送障害に,組織間質内の細胞性のタンパク処理能力不全が加わり,高タンパク性の組織間液が貯留した結果に生じる臓器や組織の腫脹」 疾患知識として表..

続きを読む

もっと見る