言語のモジュール仮説

脳図.png

言語のモジュール仮説
金野竜太,酒井邦嘉
総合リハ42巻・1号・27~33・2014年1月







人間の言語処理過程を脳における言語機能ネットワークとともに説明してる文献である.

言語のモジュール仮説を図やfMRIから脳内での機能部位を説明しているので,非常に参考になる.脳の専門的な用語を理解した上での説明がなされている為,勉強の導入としては難しい内容かと思う.

腑に落ちた画像.png
・(結論は出ていない)
音韻語彙的意味処理:単語レベルでの言語処理
聴覚的音韻処理:後上側頭回(ブロードマン22野)
語彙的意味処理:縁上回・左角回
統辞処理:文及び会話レベルでの言語処理
 左下前頭回・左運動前野外側
:統辞を文法の処理と解釈したものの,未だ研究者の中でも討論している内容が紹介されている部分は,現場の療法士として知っておく必要があると思う.だからこそ文法や文理解を踏まえたうえで,どのように声かけをするのかを患者様で考察する必要がある.そのレスポンスで,脳血管障害という大まかな情報から,画像診断前に推測する事のヒントに繋がると思う.

・ 文理解時の統辞処理の神経機構
○が×を押している (能動文)
×が○に押される  (受動文)
×を○が押している (かき混ぜ文)
:現象としては同じ現象ながら,言語により処理する主の部位が変化(左下前頭回三角,左上/中側頭回,左外側運動前野)し,信号変化量の違いを図を用いて説明している.

ヒトと関わる上で,言語は可能であれば使用するべきツールである.だからこそ身体機能を高めることだけに捉われず,言語理解を促すよう自分の声かけを考え直すきっかけになる文献だと思う.
記事:ひわ



切断者のスポーツ参加と理学療法—陸上競技の支援

概論画像.png

切断者のスポーツ参加と理学療法—陸上競技の支援
駒場佳世子、臼井二美男
PTジャーナル・第46巻第7号・2012年7月 P614-616







 切断者の陸上競技のルール説明、走行用義足の紹介、切断者陸上チームに参加したセラピストの活動・理学療法士の行ったことが紹介されている。

 確認、評価するポイントは一部違えども、評価・推測・アプローチ・考察・再評価するというプロセスは変わらない。

腑に落ちた画像.png
1. 走行用義足について
大腿切断者の走行・跳躍種目
・油圧式膝継手が多い(レスポンス、耐久性の点より)。
・板バネの長さじゃトップスピード時の健側に合わせる。
・足底にスパイク装着して、地面と摩擦を増やす。
2.走り幅跳びでは義足側からの踏切が主流
3.義足の問題点
 ・義足は回内外、内外転が生じないので、接地面積が減りカーブが難しい。
 ・上記のため、反発力が減って転倒しやすい。
・ 歩幅の微妙な調整が難しい。

:のため、走り高跳びでは健側からの踏切が多い等の情報が紹介されている。文献を読んでいると、「確かに」と思うところが多いが、私を含め知らなかったと思わせる内容が非常に多い。

この文献を読んで、
・ パラリンピックもどんどんテレビ放送してほしい。
・ オリンピックと開催を同時にすれば駄目なのか。
という当たり前の疑問を持った。内容からずれましたが・・・。
記事:ひわ



posted by ひわ at 22:29Comment(0)概論

排尿支援のための下部尿路症状評価法

あ.png

排尿支援のための下部尿路症状評価法
今西里佳
OTジャーナル 46(5):445−449.2012






排尿支援をキーワードとして下部尿路疾患に対して,どのように評価をしてくのか,またその評価方法が説明してある.

 具体的な評価方法として,質問用紙・排尿日誌・残尿測定・ウィットチェック法があり,それぞれ表として例が紹介されているので参考にできる文献だと思う.

 測定データ解析からアプローチの検討にかけて,今西氏の考え方とアプローチ方法をどのように立案していくのかを文末に書かれているが,個人的にはもう少し今西氏の考え方に触れたいなと感じる量である.

腑に落ちた画像.png
「なぜカテーテルが挿入されているのか,抜去予定はあるのか」
「どのような尿失禁でおむつを装着することになったのか」
:当たり前の事を疑問に持つ事の重要性が書かれており,セラピストとして忘れてはならない部分だと感じた.プロセスを考える事が一つの評価であり,治療に繋がる.

・水分摂取量と食事水分量を確認して,尿量が1〜1.5Lとなるように,飲水指導及びカフェイン摂取制限で調整する.
:飲水指導を行うという考え方はすぐに思いつくが,尿量の調整にカフェインの摂取も考慮しなければならないという部分が,聞いて腑に落ちた感覚になった.嗜好品であるコーヒーや紅茶だけでなく,緑茶の量も考慮する必要が出てくるため,患者様への説明も重要になると思う.

 環境設定や福祉用具の活用・下衣更衣の工夫に加え,パターン排尿誘導と共に動作練習を行う事が,日常生活の直接的改善に繋がると思う.勤務している施設・病院の立ち位置にもよるが,セラピストとして日常生活をどのように介入していくのか?を考察する事の重要性を改めて感じた.
記事:ひわ