Hip Flexion Angle値にマッサージ部位の違いが及ぼす影響

運動学図.png

Hip Flexion Angle値にマッサージ部位の違いが及ぼす影響
赤澤直紀、原田和宏、大川直美、岡泰星、中谷聖史、山中理恵子、西川勝矢、田村公之、北裏真己、松井有史
理学療法学 第40巻第2号P71〜78(2013年)






 関節可動域(股関節屈曲、膝関節伸展位:以下HFA)とマッサージの刺激部位との関係性及びマッサージの持続効果について検証している内容である。

 この研究からわかることは、「筋腱移行部への刺激を行う事で、関節可動域拡大効果が5分強続くことであり、その状態からどのように生活に活かす運動を施行して行くかが重要だと思う。


腑に落ちた画像.png
・ スタティックストレッチング後のパフォーマンス低下が報告されているため、スポーツの分野での準備運動時に筋腱移行部へのマッサージ刺激が選択肢の一つに上がる
:赤澤氏等が文献内で著されている今後の理学療法の可能性拡大が、この文献で最も重要なポイントだと思う。
研究の内容は本文献を参考にして欲しいが、「職域拡大もしくは職域の可能性を高めるもの」という研究のあるべき姿を再確認する上で、この文献の一読をお勧めしたい。

 筋腹を触れる必要がないと訳ではなく、関節可動域とゴルジ腱器官からのⅠb抑制刺激には関係性があると言う研究結果を、間違って理解しないよう気をつけたい。

 そもそも身体のコンディショニングは、本来の人間の動きを引き出しているだけであり、骨の変化や筋肉量の増量が起こった結果の可動域拡大とは違う事を忘れては成らないと思う。

記事:ひわ

消化器内科・外科—リハ栄養を中心に

内科学図.png

消化器内科・外科—リハ栄養を中心に
大串幹
JOUNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.23 No.1 2014.1 P78-86


 リハビリテーションと栄養という観点から,消化器疾患を中心として栄養管理のプロセス・栄養評価・肝移植症例を基にアルブミンの値まで触れている内容である.

 栄養とリハビリテーションを関係づける文献は,サルコペニアを中心としたものが多いが,リハビリテーション栄養として紹介されているおり,高齢者と関わるセラピストに一度は目を通して欲しい内容だと思う.

 リハビリと連携しての栄養管理プロセスや日本で使用されている主観的包括的アセスメント(subjective global assessment:SGA)の評価表の図と説明も紹介されているので参考にして欲しい.


腑に落ちた画像.png
・ 栄養障害のある患者様に対して,栄養管理なしの状態で負荷を伴うリハは逆効果となる事がある.
リハ栄養=機能改善目的でのリハ+栄養改善目的での栄養管理
:個人的にはあまり聞き慣れない言葉ながら,考え方が面白く,低栄養の患者様の運動療法において,機能改善のみで運動効果の判定が難しい場合がある.基本の部分ながら,うまくまとまった一言だと感じた

・ 生体肝移植における運動負荷
アルブミン値 2.5 を一つの基準として運動負荷を調整する.
:数値以下は軽度な運動療法で,数値以上はレジスタンストレーニング等,詳細は是非文献を確認して欲しいと思う.

 本文献で一部触れている部分に,腸が機能している患者様の基本は口からの栄養摂取である事に非常に賛同する.栄養の分野では管理栄養士など,医師も含めた専門職との話し合いが重要であると改めて感じた.
記事:ひわ

リハビリテーションの進め方

脳図.png

リハビリテーションの進め方
和田直樹
JOUNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.22 No.4 2013.4 P347-352







 
 長期経過をたどるパーキンソン病のリハビリテーションの進め方として,症状・重症度にわけて紹介してある.

 治療法の進歩によって,パーキンソン病の生命予後は向上しているが,長期治療による問題点が指摘されている.

 パーキンソン病を有する患者様に対して何を目標とするのかを明確にするに当たり,ADL・QOLの長期的維持,廃用・合併の予防という大まかな前提を忘れてはならないと思う.

 パーキンソン病における運動療法に対して,ガイドライン・病期に合わせた運動療法・運動一覧が表として紹介しており,これだけでも目を通して欲しいと思う.


腑に落ちた画像.png
・ 在宅患者を診察室やリハビリ室で診る際には,機能的な障害に目がいきがちだが,非運動障害を問診する事が重要
:現場のセラピストでリハビリ室では動けるけど,自宅では動かないという事を耳にする事はあると思う.動かないのか?動けないのか?それは環境のせいか?機能のせいか?精神症状のせいか?等考える事は多岐にわたると思う.当たり前ながら重要な事をさらりと紹介している為,是非一読をお勧めしたい.

・ パーキンソン病の呼吸障害—拘束性換気障害
:円背・胸郭の可動域が関与しているため,全身性のアプローチが重要である事は想像に至る.だからこそ早期から体幹回旋,機能レベルでの筋の柔軟性というミクロな目線という要素も重要だと思う.

 パーキンソン病だから4徴候があるではなく,上記の要素があるから徴候が見られ,拘束性に換気障害が生じやすいと理解する必要があると改めて感じる.
記事:ひわ