プラスチック短下肢装具の適合

装具図.png

プラスチック短下肢装具の適合
島津尚子
PTジャーナル・第48巻第5号・2014年5月 P449-456





 短下肢装具の基礎知識から,装具作成の流れ,AFO装着下での動作確認のポイントについて書かれている.

 装具装着の際の基本である3点固定や,プラスチックの可撓性,制動・固定・遊動が図と共に説明してある為,復習も兼ねて読んで欲しい.また,靴を履いた状態でのAFOの関係性について書かれており,装具学の教科書ではない実践的な着眼点として面白い内容である.

 装具装着下での歩行確認のポイントが各歩行周期に分けて書かれており,異常方向における原因の一端も表にまとめて紹介されている部分は,忙しいセラピストも一見して欲しいと思う.

 この文献の読みどころとして,異常歩行や歩行分析によるコツが書かれている文献はいくつも目にするが、装具装着下での「立ち上がり動作」の着眼点については、言及している文献も少ない為、非常に面白いと思う.


腑に落ちた画像.png
・ AFOの足関節軸と生理的足関節軸が一致しない事による歩容の影響がある
:プラスチックAFOと継手付プラスチックAFOの適応と装具毎の運動軸に対する生理的運動軸が表で説明してある為,文章ではややこしくなる事も図を見ると一目瞭然である.装具の適応も紹介されているが,短所である部分もある為,個々の患者様の残存能力に応じた装具採型の考慮する必要がある.

 装具作成の全てをセラピストが担うわけでなく,医師・義肢装具士との連携が重要だと思う.島津氏も文中で触れているが,セラピストとして歩行分析や荷重時の重心動揺の有無・残存能力と予後を予測した上で,より良い装具となるような意見の提示や装具装着時の状態の評価,装具の経年劣化も含め考えるべき点は多いと思う.
記事:ひわ





胸椎のキネマティクス

解剖学図3.png

胸椎のキネマティクス
藤森孝人 菅本一臣
JOUNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.23 No.2 2014.2 P110-114







 胸椎のキネマティクスとして,図や3次元動画のQRコードを用いて説明している文献である.

 胸椎の解剖学,アライメント,バイオメカニクス,カップルドモーションの大項目で説明してあるので,胸椎の復習に非常にわかりやすい内容だと思う.

 QRコードで3次元での骨の動きを,スマホ等で見ることが出来るのが斬新で,紙媒体での文献からデジタルとの融合と言う意味でも面白いと感じる.


腑に落ちた画像.png
・胸郭・肩甲帯に囲まれているTh3~6付近は,力学的に最も安定している部分であり,外傷性の骨折は少ないが胸郭があることで不安定性を生じることもある.
:体幹の上部での臓器をホールドする機能が,質量と表面積を大きくしてしまうため,円背やアライメントに変化が起こってくると頭頸部での代償しやすくなるのではないかと文献を読んでいて感じた.さらに,各椎間内での動きは運動方向に対して2度程度(詳細は文献参照)なので,臍部より高位でアライメント上安定性が高いため,自由度の高い腰椎=疼痛を起こしやすいという考えにも至った.

 腰部や肩甲帯周囲への疼痛を訴えられる方と接するセラピストは多いと思う.だからこそ,安定性の高い胸椎を評価出来ることは重要であり,その解剖学の理解は必須だと思う.3次元での試みも含め,是非一度目を通して欲しい文献だと思う.
記事:ひわ
posted by ひわ at 00:34Comment(0)解剖学

リンパ浮腫に対する理学療法

概論図3.png

リンパ浮腫に対する理学療法
小野部純,山本優一,古澤義人
理学療法 第31巻 第10号 2014.10 P1014-1024







 リンパ浮腫におけるセラピストに求められる,保存療法・外科治療,評価,治療に関して,症例検討も含めて紹介されている.

国際リンパ学会によるリンパ浮腫の定義
「リンパ輸送障害に,組織間質内の細胞性のタンパク処理能力不全が加わり,高タンパク性の組織間液が貯留した結果に生じる臓器や組織の腫脹」
疾患知識として表1の病期の分類は文献を参考にして欲しい.

 評価方法として治療前のチェックから,評価,スキンケアや生活指導,用手的リンパドレナージに関して,図を用いて紹介されているので,非常に分かりやすい内容である.

 症例を含め文献内で紹介しているので,どのように評価,判断し治療プログラムを立案,施行するのかについて,第一線で戦っているセラピストの考えを参考にして欲しいと思う.


腑に落ちた画像.png
・ リンパ浮腫治療効果判定
効果判定の統一された基準は見当たらない
:この文献の読みどころの一つとして,小野部氏が治療判定の指標としている周径値から肢体容積値を算出し,朝夕の記録により肢体容積の変動を捉え,減少量と日内変動量により評価指標とする方法が紹介されている.

図が多く非常に理解しやすい内容のため,リンパ浮腫治療に関わるセラピストの為の入り口のような内容の文献であり,広い分野を網羅しているので,導入テキストとして文献をお勧めしたいと思う.
記事:ひわ