女性腹圧生尿失禁に対する骨盤底筋体操,バイオフィードバック療法

あ.png

女性腹圧生尿失禁に対する骨盤底筋体操,バイオフィードバック療法
平川倫恵,鈴木重行,加藤久美子
排尿障害プラクティス Vol.19 No.2 2011 P14-20






 骨盤底筋体操の指導方法やアセスメント方法,事例として症例と難値例に分けて経過と共に紹介されている内容である.

 治療結果に三ヶ月程度の継続を要する体操であり,体操を継続する工夫や方法が本文中に紹介されている為,忙しいセラピストはこの部分だけでも一読をお勧めしたい.

骨盤底筋体操での指導の順序
1. 患者に正しい収縮方法,解剖学的な構造の理解を促す
2. 恥骨や尾骨を患者自身で触れ,骨盤帯の位置のイメージを促す
3. (膣内圧を計測できれば)
4. 動作直前に骨盤底筋収縮を促し,収縮をコントロールしつつ動作を行う.

残った疑問!
体操効果の出る「三ヶ月」という期間についても,人間の筋肉強化の原則と細胞レベルでの変化を考慮すると,即効性での変化と遅効性での変化が同時に生じていると推測する必要があるのではないかと思う.


腑に落ちた画像.png
・骨盤底筋体操の声かけ
「膣をカラダの中に引っ張り込むよう、膣や尿道を締めてください」
「固い便を肛門で切ってください」
「おならを我慢するようにして下さい」
:どれも同一動作(骨盤底筋の収縮を促す)の声かけながら,患者様の反応と代償運動や肢位を考慮し,どの指示が入力し易いかを会話を交えながら,把握する必要性は高いと思う.

「肥満や自身での収縮感覚が低下していた結果→手術」,の流れが,難治例と表現される事が適切か否かは判断できないが,保存療法で回復方向へ成果が出るのであれば,セラピストとして自主練習を続けていく方法を,患者様に合わせて提案できるよう思考する必要はあると思う.
記事:ひわ


過活動膀胱とメタボリックシンドローム

あ.png

過活動膀胱とメタボリックシンドローム
鈴木康之
泌尿器ケア 2010 vol.15 no.11 P96







 泌尿器科のトピックスとして、過活動膀胱とメタボリックシンドロームの関係性を端的に説明している。

 トピックスとして紹介ページであり、有用な情報のみ端的に記載されており、1ページなのですぐに目を通す事が出来る。

・ 過活動膀胱の定義
:尿意切迫感の症状症候群で、頻尿と夜間頻尿を伴うもの
(原因不明にいきなり激しい尿意におそわれる)


腑に落ちた画像.png
過活動膀胱
日本人12%以上(800万人以上)
欧米人15%以上20%未満

過活動膀胱のリスク因子
加齢、メタボリックシンドローム
(メタボリックシンドロームに関しても加齢と関連している)

 メタボリックシンドロームによって、高血圧・高脂質血症・空腹時高血糖から心筋梗塞や脳梗塞に起因しやすくなるため、脳梗塞等の器質的な変化に伴い過活動膀胱が生じる事を予防出来ると言われている。どうリンクしているのか詳しい医学的な機序は紹介されていない。

 セラピストとして過活動膀胱患者様に関わらせていただく際に考える事は、腹圧のかかりにくい起居動作、トイレまでの移動、ズボンの上げ下ろしと言う一連の動作効率を考える事が第一だと思う。そして、メタボリックシンドロームの運動療法から間接的な排尿ケアに繋がる部分も含めて、運動プログラム立案を考慮する必要があると思う。
記事:ひわ





中年女性の骨盤底筋訓練における収縮時の収縮感覚と筋運動について

あ.png

中年女性の骨盤底筋訓練における収縮時の収縮感覚と筋運動について
長島玲子・蔵本美代子・酒井康生・井上千晶
島根県立看護短期大学紀要 第11巻,9−18,2005







腹圧性尿失禁患者に対して,骨盤底筋体操の実地指導を行い,改善した例とそうでない例の運動療法取り組みの差異を紹介している.

腹圧性尿失禁と診断後に
1.シネMRIで状態の把握
2.骨盤底筋体操指導
失禁群の6割強は体操継続が困難 その内4割強は体操そのものの困難感


腑に落ちた画像.png
・ 失禁群にのみ膀胱頸部の下降が見られる
→骨盤底筋の収縮が困難で,臀部・腹直筋による筋収縮の代償が起こり,腹圧が加えられている
:失禁群では骨盤底筋群収縮時に膀胱頸部の下降が生じ,骨盤底筋群の弱化から臀筋群・腹直筋の筋収縮の代償が生じ,腹圧が上昇するというプロセスが考えられる.収縮感覚の困難感は筋紡錘由来のものかは不明であるが,視覚によるフィードバックが安易でない事,触診がしにくい部分である事も考慮する必要性は高い.

・ 骨盤底筋群の収縮感覚が無いヒトが,失禁群に有意に多い
:失禁群には収縮回数・頻度増やすと言う安易な設定するのでなく,理解を促すような関わり方の重要性が示唆される.そのために認知機能の評価,どの負荷での運動設定を行うのかという部分に関しては,セラピストの専門性を活かす分野であると思う.

 運動療法の効果がフィードバックしやすいアウターマッスルでも,2〜3週の継続性を求められているのに対して,骨盤底筋群では収縮様式・タイミングも考慮する必要があると思う.だからこそ,長期の目線で関わる必要があり,コミュニケーション能力が求められる分野だと改めて感じる.
記事:ひわ