転移性骨腫瘍のある患者の理学療法の進め方

がん画像2.png

転移性骨腫瘍のある患者の理学療法の進め方
中村大輔,島津尚子,畠中泰司,水落和也,松宮美奈
PTジャーナル・第45巻第5号・2011年5月 P391-397






 転移性骨腫瘍の基礎から理学療法の注意点,目標設定の仕方等のまさに運動療法の進め方に関しての考え方が紹介されている.

 骨転移の概要,骨の変化,発生頻度や好発部位から評価,ゴール設定,動作指導等が順序立てて書いてある.また,動作に関しては,症例を用いた理学療法の実際と図を用いて(寝返り・起き上がり)説明してあるので,是非,一読をお勧めしたい内容である.
 
 忙しいセラピストであれば,表1の骨転移を有する患者様へアプローチする上での確認項目として非常に簡潔にまとめられている為,表1だけでも目を通して欲しいと思う.

 転移性骨腫瘍を有する患者様やご家族へ,リハビリテーションの進め方であり,捉え方である為,絶対的な方法じゃないという注意点も説明しており,目線を教えてくれる非常に分かりやすい内容だと思う.


腑に落ちた画像.png
・ 転移における骨の変化
溶解性の変化:破骨細胞の活性化により骨吸収の促進による
造骨性の変化:骨折と同様の損傷部位の骨新生による
混合性の変化
:つまり,骨吸収が優位であれば溶解性の変化であり,造骨が優位であれば造骨性の変化が生じる.文献内では,骨の変化が何癌に多いのかが紹介されている為,患者様の状態に関してセラピストとして,「なぜ痛みが出ているのか」という考察に対してのヒントになると思う.

・全癌患者の10%程度に骨転移が診断される
:骨転移のリスクを考慮する上で,原発部位と予後の理解は必須だと思う.10%に骨転移の可能性があるという,知っておくべき知識だと思う.

 疼痛に関して,骨や動作による疼痛はセラピストとして,第一に考えてしまう点だと思う.しかし,予後や家族との別れも含めた患者情報に加え,社会・環境・身体というICFで考えるべき情報全てを考慮する重要性を改めて感じた.
記事:ひわ

posted by ひわ at 23:26Comment(0)

リハビリテーションの実際 全人的アプローチの視点を重視して

がん画像2.png

リハビリテーションの実際 全人的アプローチの視点を重視して
田尻寿子
総合リハ・42巻12号・2014年12月 P1139-1145






 癌患者のリハビリテーションをどのように捉えるのか,考えるのか,関わるのかについて,がんセンターリハビリ科の立場・視点で書かれている.

 全体的にどのように関わっていくのかという概略的な内容が多いものの,所々でリンパ浮腫癌の治療等具体的な内容を説明してある.周術期,緩和ケアという時期別での考え方に加え,優先順位のつけ方が書かれているので,非常に面白いく参考になると思う.

 癌の成長,形成にと患者様の生活史を合わせて,ガイドラインに即してリハビリとしてどのような役割で,どのようなチームで関わるかについて書かれているので,今,現場で癌を罹患している患者様を担当しているセラピストに是非読んで欲しい.

腑に落ちた画像.png
・ 癌のリハビリテーション
1. 体力や活動性,歩行能力維持の重要性
2. 癌患者の食と栄養の課題
3. 精神心理へのアプローチとメンタル面を保つ重要性
4. リハビリテーション効果とリスク管理の重要性
:リハビリテーションの押さえるべきポイントがまとめられてあり,本文献中の記載はなかったが,睡眠の重要性も忘れてはならないと思う.基本的には,ヒトと関わる上で原点の部分であり,生命予後や身体機能に加え,ニーズ等を情報収集し残された時間を質の高い「生きる」にどのように関与できるかが重要だと改めて感じた.

 緩和ケア病棟医師・看護師へのリハビリの必要性に関する調査票では,1~2%を除いたスタッフからリハビリテーション時は重要であるとの結果も出ている.セラピストが求められている分野だが,セラピストが医療者でありながらまずはヒトとしてどのように関わるのか?を再考する必要があると改めて感じる.
記事:ひわ



posted by ひわ at 22:32Comment(0)

骨転移患者に対するリハビリテーションプログラム立案のポイント

がん画像2.png

骨転移患者に対するリハビリテーションプログラム立案のポイント
大森まいこ
JOUNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.25 No.2 2016.2 P149-157






 骨転移患者のリハビリテーションプログラム立案について,ゴール設定・情報収集・リハビリテーションの進め方とチームアプローチ,リスク管理等ポイントとなる点がまとめられてる.

 骨転移患者に対するリハビリテーションのゴール設定の立て方について,明確に示している文献は多くないので,参考になる内容だと思う.そして,全身状態の変化から患者情報をアップデートする重要性を改めて感じる.

 「はじめに」に書かれているが癌の原発部位から予後予測を立てる為に重要な発生割合と生存期間のどちらも中央値が表にまとめられているので,臨床での一つの目安として一読をお勧めしたい.

 本文献の読みどころとして,リハビリテーションを提供する際の疼痛評価の意味に関しては,現状の疼痛リスクの側面と疼痛の変化・その負荷についての側面がある為,先輩セラピストの考え方が読める部分だと思う.

腑に落ちた画像.png
・ 骨転移の合併率は全体の1〜2割
:2割で骨転移の可能性があるという結果は,リスク管理として理解しておく必要があると思う.さらに本文では,転移部位に応じて避けるべき動作方法が図で紹介されている為,脆弱した部位を避ける動作を考えるのがセラピストの仕事ながら,非常に参考になると感じた.

・ 現状と希望とのギャップに注意をする
:癌を疾患として患っている患者様と家族の間では多いものの,インフォームドコンセントを受けているかの有無,病状の理解を考慮した上で,ゴールを立てる必要があると思う.運動療法を提供する上で,治療目的が根治的な治療か症状緩和や延命につながる部分かを明確に理解する事が重要だと改めて感じた.

記事:ひわ



posted by ひわ at 22:54Comment(0)