慢性疼痛に対する認知行動療法

疼痛図2.png

慢性疼痛に対する認知行動療法
中島恵子
PTジャーナル・第48巻第12号・2014年12月 P1111-1117






 慢性疼痛と認知行動療法に対して,セラピストの目線でなく,医療心理士の目線で評価方法やアプローチ手順が紹介されている内容である.

 心理部門の評価について,面接による評価,心理検査による評価,ストレス対処,心理部門による認知行動療法として,苦手な場面での社会的技能トレーニング,注意分散トレーニングが簡潔に紹介されている為,読んでみるとなるほどと感じる事が多い.

 評価から治療方針の決定,面接等から心理的変化の過程,その効果判定まで症例を通して説明してあるので,運動療法とは違う関わり方を参考して欲しいと感じた.


腑に落ちた画像.png
・ 疼痛との付き合い方の学びを目標にチームアプローチの統一する必要がある
1. 安易な心因性の疼痛とせず,痛みあるという部分を受け止め,疼痛コントロール・疼痛との付き合い方を探る体制をとる
2. 疼痛に対し,心理部分の探索を中心とせず,QOLの改善・痛みの管理を探索し医療として関わる
3. チーム全体でサポートしプログラムを構造化する.情緒的な支えの体験・自立を支える
:疼痛→セラピストによる除痛アプローチ,疼痛→薬物療法,疼痛→話の傾聴等と単独での関わりが中心になっている現状があると思う.チームとして慢性疼痛を捉えるかの重要性,疼痛をなくすという単純なものでなく,どのように受け止め,コントロールするかをチームで考える重要性を改めて感じた.


 心理面の回復による身体活動へのアプローチ効果の改善とそのプロセスを説明してある文献は,セラピストが目にする機会は少ないと思う.だからこそ身体面だけでなく心理面からどのように介入するかという選択肢を増やす,知見を増やすという意味で,認知行動療法の心理面の変化を考えられる目線は重要だと感じた.
記事:ひわ

posted by ひわ at 17:38Comment(0)疼痛

上肢運動器疾患における術後の痛みの予測因子

疼痛図2.png

上肢運動器疾患における術後の痛みの予測因子
平田淳也,井上桂子,山本智代,有田清三郎
作業療法・33巻2号・2014年4月 P148-155






 上肢運動器疾患において術後疼痛の予測と心理因子との関係性について,書かれている内容である.

 疼痛の伝導路である内側・外側系の説明からどのように情動的な側面に影響するのかという理由も書かれているのが,この文献の面白い部分だと思う.
さらに,上肢運動器疾患術後にフォーカスして情動との関係は非常に面白く,

 上肢運動器疾患に特化した疼痛の予測因子という考えが,医学モデルとしての治療効果を考える上で重要だと文献を読んでいて感じた.

 上肢運動器疾患術後を担当する機会がある忙しいセラピストでも,アブストラクトと考察だけは目を通して欲しい内容である.

腑に落ちた画像.png
予測因子としての測定内容
・ 不安感
・ 抑うつ
・ 破局的な思考
・ 疼痛の強さ
:それぞれの評価が定量的に評価し,考察してあるので,評価スケールの定量化は重要であり,考慮すべき因子である.術後の患部の直接的な疼痛だけでなく,情動を予測する上で上記の測定は,知っておく必要性が高い.身体機能にだけ目を向ける事で,治療・ケアの可能性を狭めてしまうように思う.
 まず破局的思考などの言語の理解,どのように情動が疼痛と関係しているのか等の把握も重要だと思う.

 その他疾患部分と情動の関係性ではどうか等,医学的な好奇心がくすぐられる部分もあり,平田氏の今後の発展した研究に関して心待ちにしたい.
記事:ひわ



posted by ひわ at 23:09Comment(0)疼痛

局所の鎮静化と全身の柔軟性

疼痛図2.png

局所の鎮静化と全身の柔軟性
矢野雅直
PTジャーナル・第48巻第7号・2014年7月 P625−630





 変形性股関節症の理学療法の工夫と言う特集であり,疼痛の概念から病態の進行,全身と局部,評価・治療と内容てんこ盛りである.

安定した運動の3つの要素
・ 安定性 支持性
・ 無疼痛
・ 可動

 疼痛の基本部分に関して,忙しいセラピストは図1病態の進行にともなう関節構造の変化を一読して欲しい.また,股関節の評価の部分はP627から全身における股関節と全身に対する関係性を参考にして欲しいと思う.

 筋連結から横隔膜・横隔神経という体表解剖学から神経生理学にまで,考え方が紹介されており,さらに全身性の評価の仕方と治療法が図付きで紹介されている為,現場のセラピストは是非一読をお勧めしたい.

腑に落ちた画像.png
・ 疼痛 組織の損傷+情動
:侵害受容性の疼痛と心因性の疼痛の説明が端的にされており,疼痛の概念を理解した上で,なぜ・どういう機序でと疼痛を考察する必要性があると思う.痛みは患者様の主観的な要素であり,だからこそ考察を何パターンも行う必要な部分だと感じる.

・ 表出している現象や症状を,全身から股関節の寄与率を捉える
:下肢や骨盤帯の評価だけでなく,いわゆる上部体幹を含めた評価が意味や口頭指示も含めて紹介されている部分は文献を参照して欲しい.股関節疾患で最も勘違いを起こしてしまいやすい悪く見える動作を「表出している現象」と記している部分が,本文献の中で個人的に共感した部分である.

 足底からのコントロール不良でも上部体幹の不安定感に関しても,股関節の代償を含め動作(現象)として表出される.だからこそ,どの部位が問題点となっているのかが不明瞭になると考えるのではなく,矢野氏も「おわりに」で述べているように,表出する現象に対し,一つ一つ紐を解く姿勢を持ち続ける必要性を強く感じる.

 ヒトの「全身」と「股関節」の意味を再確認出来る内容だと思う.
記事:ひわ




posted by ひわ at 06:37Comment(0)疼痛