アキレス腱炎,足底筋膜炎から見た歩行の運動連鎖

整形画像.png

アキレス腱炎,足底筋膜炎から見た歩行の運動連鎖
近藤崇史
PTジャーナル・第47巻第2号・2013年2月 P153-159






 アキレス腱炎・足底筋膜炎を代表疾患として,歩行(踵離地)と足関節・足趾の動きがどのように代償するのか,どのように評価・アプローチするべきかが紹介されている.

 解剖学の基礎から運動学の考えである運動連鎖から説明されており,最終的には著者の行っている評価・アプローチ・考察が丁寧に説明してあり,非常に応用性の高い情報が著されていると思う.

特に歩行の踵離地が遅れるという現象を,
・ 歩行時の身体重心と床反力作用点
・ 股関節・足関節・足趾モーメントの力学作用
・ 足関節とMP関節の関節運動
の部分は上記疾患に限らず歩行を考える上で,踵離地タイミングが遅滞するとどのように重心,力学作用,関節運動が生じるのかの理解を促す為に,一読をお勧めしたい.


腑に落ちた画像.png
・ アキレス腱炎・足底筋膜炎の評価
関節可動域・筋力等の機能評価,歩容等の能力評価は,直接的に結びにくく統合と解釈が難しい.障害の度合いや治療の効果判定を行う上で歩行と機能障害の中間に当たる評価が必要.
:実際の重心や体幹と股関節の伸展モーメントを考えた評価については,図も用いて説明してある為,文献を参照して欲しい.私が着目した部分として,理学療法評価法に基づく評価は再現性を考慮しても重要な項目ながら,現場において動作性と機能評価の橋渡しに当たる評価が紹介されている部分である.この部分を考察し試行錯誤して,治療アプローチを考えていく事がセラピストの醍醐味の部分でもあり,セラピストの治療結果の差が出る部分だと思う.

 教科書にはなかなか紹介されず,先輩に聞いても端的に教えてもらう事もない情報であり,「セラピストの頭の中で,どのように捉えているのか」を教えてくれる文献だと感じた.
記事:ひわ