脳疾患に起因する視覚認知障害に対する理学療法

脳図.png

脳疾患に起因する視覚認知障害に対する理学療法
波多野直
理学療法30巻7号 2013年7月 P780-790







 認知視覚障害に対して,臨床でどのポイントに工夫・支援するべきか,目線やセラピストのケアの位置にまで触れている内容である.

 物理的な支援,理学療法士としての関わり方,情報の簡素化,歩行時目線,リラクセーションの方法と留意点,各種視野障害の対応・・・と内容が多岐にわたる為,まずアブストラクトと図に眼を通す事をお勧めしたい.

 10ページを超える内容ながら,技術やHow toでなく,本来セラピストとしてどのポイントに注意して,脳疾患由来の視覚認知障害に関わるか?という原点の部分が書かれている為,臨床においてすぐに役に立つ内容であると感じる.

 リラクセーションを行う際に,視覚認知障害患者が機能不全となりやすい筋が表になっており,さらに簡単な方法やポジショニングも紹介されているので,現行で行っている肢位を見直すきっかけになると思う.


腑に落ちた画像.png
・ 情報処理の簡素化
1. 視覚情報の整理→目的行為へ集中を促す
2. 声かけの内容を配慮→失敗,拙劣に関する事に注意する
3. 動作練習の流れを分ける→手順の認識を促す
:患者様へのベターな運動療法を提供する為に,過剰な情報を与えすぎない事だと改めて感じる.しかし,簡素化する事と身体的な動きや運動目的を伝える事を混同してはならないとも読んでいて感じた.

 波多野氏も「おわりに」で書かれているが,脳疾患に起因した視覚認知障害をセラピストとして直接介入する事は困難である.だからこそ工夫と配慮を行いつつも,本来あるべき姿勢・運動の介入をする必要がある.技術や経験則だけでなく,しっかりと患者様を捉える事の重要性を改めて感じた.
記事:ひわ