難治性肩関節拘縮(肩関節周囲炎)の治療

疼痛図2.png

難治性肩関節拘縮(肩関節周囲炎)の治療
米田稔,阿部真行,田中健毅,永富孝幸,山田真一,佐原亘
日整会誌(J.Jpn.Orthop.Assoc)88:248−256 2014






 肩関節周囲炎の治療方法について,医師の視点からどのように診断に繋げていくのか,治療プログラムを立てるのか,スタッフへの指示,患者の指導を行うのかが書かれている.

 治療結果からの統計と考察が書かれている為,内容も理解しやすい作りとなっている.図も多くわかりやすいが,医師がどのように肩関節周囲炎を判断し,運動療法指示を出すのかという部分も含めて,是非一読をお勧めしたい.

 読む時間がないのであれば,「まとめ」の部分だけでも是非目を通して欲しい.


腑に落ちた画像.png
・ 肩関節周囲炎を難治性に陥らせてしまう要因の一つとして,発症初期における積極的すぎる誤った運動療法が挙げられる.
:肩関節の動作性を高めるのではなく,姿勢から静止アライメントを整え,体幹屈曲・伸展・回旋や腱板・周囲のアウターマッスルの筋緊張を緩和するように努める.さらに等尺性収縮を中心に行い,関節の固定を促す事で,炎症や関節内の組織が細胞レベルでの修復した時期に,関節運動を行うべきかと読んでいて感じた.

 セラピスト初期介入の誤りから,難治例となってしまう事は避ける必要がある.そのためにも,解剖学の知識だけでなく,ミクロな視点での回復過程を考察する為の生理学,関節負荷を下げる動作を考える為の運動学をフル活用する必要性は言うまでもないと思う.

 医師の業務を理解するわけではなく,医師がセラピストに指示出す際にどこに着目しているのかという部分を感じるきっかけになると思う.
記事:ひわ