片麻痺の歩行練習のコツ

脳図.png

片麻痺の歩行練習のコツ
溝部朋文
PTジャーナル・第47巻第2号・2013年2月 P168-172







 理学療法臨床のコツとして,関節モーメントから片麻痺の歩行を促す原理及び麻痺の捉え方,歩行の考え方のコツが書かれている.

 あくまで本文には答えではなく考え方が書かれており,その運動力学によるアプローチを考える為のプロセス構築が紹介されている為,是非目を通して欲しい文献だと思う.


腑に落ちた画像.png
・ 歩行とは
立脚側への重心移動→足底から重心を遊脚側へ押す→立脚側への・・・(以降繰り返し)が繰り返されている行為である.
:重心をベースにおいて考えれば,実に的確で簡潔な説明だと感じた.つまり麻痺が生じる事は,重心移動に困難感が生じ,足底からの反力が不十分になるという考え方だと理解した.

・ 荷重時床反力の大きさ×床反力ベクトルと股関節の回転中心の距離
=股関節を内転する方向(詳しくは本文の図を参照して欲しい)
片麻痺により
床反力ベクトルと股関節の回転中心の距離が大きくなる→内転するモーメントも大きくなる
:麻痺側のアライメントの変化により,重心の位置が変化し,安定した立位を保つには,麻痺側の外転により強い出力が求められているという事になる.

 前額面からの説明が多いため,矢状面ではどのような位置に重心があるのか?等を考える必要性がある.運動力学による考え方で,概略を捉える事は患者様がどのように動いているのか?を解釈する上で非常に重要な方法だと改めて思う.まずは,頭の中に絵を想像し,重心がどの位置にあるのかを考慮しながら,「なぜ?」に対するアプローチを考えていく事の重要性を感じる.
記事:ひわ