女性腹圧生尿失禁に対する骨盤底筋体操,バイオフィードバック療法

あ.png

女性腹圧生尿失禁に対する骨盤底筋体操,バイオフィードバック療法
平川倫恵,鈴木重行,加藤久美子
排尿障害プラクティス Vol.19 No.2 2011 P14-20






 骨盤底筋体操の指導方法やアセスメント方法,事例として症例と難値例に分けて経過と共に紹介されている内容である.

 治療結果に三ヶ月程度の継続を要する体操であり,体操を継続する工夫や方法が本文中に紹介されている為,忙しいセラピストはこの部分だけでも一読をお勧めしたい.

骨盤底筋体操での指導の順序
1. 患者に正しい収縮方法,解剖学的な構造の理解を促す
2. 恥骨や尾骨を患者自身で触れ,骨盤帯の位置のイメージを促す
3. (膣内圧を計測できれば)
4. 動作直前に骨盤底筋収縮を促し,収縮をコントロールしつつ動作を行う.

残った疑問!
体操効果の出る「三ヶ月」という期間についても,人間の筋肉強化の原則と細胞レベルでの変化を考慮すると,即効性での変化と遅効性での変化が同時に生じていると推測する必要があるのではないかと思う.


腑に落ちた画像.png
・骨盤底筋体操の声かけ
「膣をカラダの中に引っ張り込むよう、膣や尿道を締めてください」
「固い便を肛門で切ってください」
「おならを我慢するようにして下さい」
:どれも同一動作(骨盤底筋の収縮を促す)の声かけながら,患者様の反応と代償運動や肢位を考慮し,どの指示が入力し易いかを会話を交えながら,把握する必要性は高いと思う.

「肥満や自身での収縮感覚が低下していた結果→手術」,の流れが,難治例と表現される事が適切か否かは判断できないが,保存療法で回復方向へ成果が出るのであれば,セラピストとして自主練習を続けていく方法を,患者様に合わせて提案できるよう思考する必要はあると思う.
記事:ひわ