転移性骨腫瘍のある患者の理学療法の進め方

がん画像2.png

転移性骨腫瘍のある患者の理学療法の進め方
中村大輔,島津尚子,畠中泰司,水落和也,松宮美奈
PTジャーナル・第45巻第5号・2011年5月 P391-397






 転移性骨腫瘍の基礎から理学療法の注意点,目標設定の仕方等のまさに運動療法の進め方に関しての考え方が紹介されている.

 骨転移の概要,骨の変化,発生頻度や好発部位から評価,ゴール設定,動作指導等が順序立てて書いてある.また,動作に関しては,症例を用いた理学療法の実際と図を用いて(寝返り・起き上がり)説明してあるので,是非,一読をお勧めしたい内容である.
 
 忙しいセラピストであれば,表1の骨転移を有する患者様へアプローチする上での確認項目として非常に簡潔にまとめられている為,表1だけでも目を通して欲しいと思う.

 転移性骨腫瘍を有する患者様やご家族へ,リハビリテーションの進め方であり,捉え方である為,絶対的な方法じゃないという注意点も説明しており,目線を教えてくれる非常に分かりやすい内容だと思う.


腑に落ちた画像.png
・ 転移における骨の変化
溶解性の変化:破骨細胞の活性化により骨吸収の促進による
造骨性の変化:骨折と同様の損傷部位の骨新生による
混合性の変化
:つまり,骨吸収が優位であれば溶解性の変化であり,造骨が優位であれば造骨性の変化が生じる.文献内では,骨の変化が何癌に多いのかが紹介されている為,患者様の状態に関してセラピストとして,「なぜ痛みが出ているのか」という考察に対してのヒントになると思う.

・全癌患者の10%程度に骨転移が診断される
:骨転移のリスクを考慮する上で,原発部位と予後の理解は必須だと思う.10%に骨転移の可能性があるという,知っておくべき知識だと思う.

 疼痛に関して,骨や動作による疼痛はセラピストとして,第一に考えてしまう点だと思う.しかし,予後や家族との別れも含めた患者情報に加え,社会・環境・身体というICFで考えるべき情報全てを考慮する重要性を改めて感じた.
記事:ひわ

posted by ひわ at 23:26Comment(0)