職場における安全管理

職場における安全管理
山上潤一,加賀谷斉,才藤栄一
PTジャーナル・第48巻第10号・2014年10月 P909-915






 職場においてのインシデント,アクシデントについてどのように考えるのか,事故が起こったらどのように対応するのかが書かれている.

安全とは
「安らかであって危険がない事」という本文中にもあるが,否定的な表現で,危なくないもの程度の定義でしかない.

 ヒューマンエラーは起こりうるものであり,ヒューマンエラー自体が事故の根本原因ではなく,何をヒューマンエラーとするべきか,どこ,どのレベルに問題があったのかを考える必要があるが,その問題点の解釈の違いによって対策も異なる.つまり正しく対応という言葉すら,抽象的であり,どのように集団で捉え考えるのかが大事かという事がわかる.

 コストと安全の向上度や,ノンテクニカルスキルに関して,医療的な技術を求めるセラピストとしての意識とは別に,知っておく知識であり,考え方だと思う.


腑に落ちた画像.png
・ 個人の意識・能力・注意におしつけ問題を解決する対策では,再発防止は不可能である
:そもそもエラーを「0」にする事は不可能であり,ヒューマンエラーを個人でコントロールはできないと本文でも書かれている通り,個に問題を押し付ける事は,対策でも対応でもない.本来の解決とは,集団で捉えるべきだという部分はこの文献の読みどころだと思う.

 「逃げない,隠さない,誤魔化さない」というヒトとして当たり前のような部分が,アクシデントを責める風習や空気感が,人間の負の部分を促してしまうと文献を読んでいて感じた.セラピストとして誠実である事,失敗を認め,どうすればもっと良くなるのかをチームとして,会社として考え続ける事が重要だと改めて感じた.
記事:ひわ