高齢者虐待

概論図3.png

高齢者虐待
新野直明
JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.21 No.6 2012 P597-601






 日本の医療・福祉において、高齢者と関わらせていただく機会は多い。社会問題である高齢者の虐待について、定義、実態、分類、発生要因についてまとめている内容である。

 高齢者の虐待の現状として、養護者と施設に大きく分けてあり、さらに、虐待の種類、介護認定別、続柄別、介護福祉施設別、職種別、で分類されて調査されている。

2010年度の調査では、
① 身体的虐待
② 心理的虐待
③ 介護等放棄
④ 経済的虐待
⑤ 性的虐待
の順で多く、7割が高齢女性を占めている。



腑に落ちた画像.png
・ 高齢者虐待の件数
 相談、通報件数は約25,000件、自治体調査で虐待判明件数は約16,500件
 虐待件数が増えているとは限らないが、認識されている件数が増えている。(詳細数は文献参照)

 そもそも、2006年に高齢者虐待防止法が始まったが、どの点・どの部分が虐待なのかは法律では決められない。身体的虐待以外の虐待(心理的虐待、経済的虐待)に関して言えば、介護を受ける側がどう感じるかの問題も含んでしまうので、0件にするというのは難しい。
 医療・介護のプロがいる施設においての虐待件数は、在宅虐待件数よりも少ない。「虐待をなくす」→身体的虐待に対し「0」を目指す→まず身体拘束をなくす→車椅子に座らせきりをなくす・・・等、具体性をもった目標から、たてる必要があると思う。
記事:ひわ