胸椎のキネマティクス

解剖学図3.png

胸椎のキネマティクス
藤森孝人 菅本一臣
JOUNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.23 No.2 2014.2 P110-114







 胸椎のキネマティクスとして,図や3次元動画のQRコードを用いて説明している文献である.

 胸椎の解剖学,アライメント,バイオメカニクス,カップルドモーションの大項目で説明してあるので,胸椎の復習に非常にわかりやすい内容だと思う.

 QRコードで3次元での骨の動きを,スマホ等で見ることが出来るのが斬新で,紙媒体での文献からデジタルとの融合と言う意味でも面白いと感じる.


腑に落ちた画像.png
・胸郭・肩甲帯に囲まれているTh3~6付近は,力学的に最も安定している部分であり,外傷性の骨折は少ないが胸郭があることで不安定性を生じることもある.
:体幹の上部での臓器をホールドする機能が,質量と表面積を大きくしてしまうため,円背やアライメントに変化が起こってくると頭頸部での代償しやすくなるのではないかと文献を読んでいて感じた.さらに,各椎間内での動きは運動方向に対して2度程度(詳細は文献参照)なので,臍部より高位でアライメント上安定性が高いため,自由度の高い腰椎=疼痛を起こしやすいという考えにも至った.

 腰部や肩甲帯周囲への疼痛を訴えられる方と接するセラピストは多いと思う.だからこそ,安定性の高い胸椎を評価出来ることは重要であり,その解剖学の理解は必須だと思う.3次元での試みも含め,是非一度目を通して欲しい文献だと思う.
記事:ひわ
posted by ひわ at 00:34Comment(0)解剖学