過活動膀胱とメタボリックシンドローム

あ.png

過活動膀胱とメタボリックシンドローム
鈴木康之
泌尿器ケア 2010 vol.15 no.11 P96







 泌尿器科のトピックスとして、過活動膀胱とメタボリックシンドロームの関係性を端的に説明している。

 トピックスとして紹介ページであり、有用な情報のみ端的に記載されており、1ページなのですぐに目を通す事が出来る。

・ 過活動膀胱の定義
:尿意切迫感の症状症候群で、頻尿と夜間頻尿を伴うもの
(原因不明にいきなり激しい尿意におそわれる)


腑に落ちた画像.png
過活動膀胱
日本人12%以上(800万人以上)
欧米人15%以上20%未満

過活動膀胱のリスク因子
加齢、メタボリックシンドローム
(メタボリックシンドロームに関しても加齢と関連している)

 メタボリックシンドロームによって、高血圧・高脂質血症・空腹時高血糖から心筋梗塞や脳梗塞に起因しやすくなるため、脳梗塞等の器質的な変化に伴い過活動膀胱が生じる事を予防出来ると言われている。どうリンクしているのか詳しい医学的な機序は紹介されていない。

 セラピストとして過活動膀胱患者様に関わらせていただく際に考える事は、腹圧のかかりにくい起居動作、トイレまでの移動、ズボンの上げ下ろしと言う一連の動作効率を考える事が第一だと思う。そして、メタボリックシンドロームの運動療法から間接的な排尿ケアに繋がる部分も含めて、運動プログラム立案を考慮する必要があると思う。
記事:ひわ