慢性疼痛に対する認知行動療法

疼痛図2.png

慢性疼痛に対する認知行動療法
中島恵子
PTジャーナル・第48巻第12号・2014年12月 P1111-1117






 慢性疼痛と認知行動療法に対して,セラピストの目線でなく,医療心理士の目線で評価方法やアプローチ手順が紹介されている内容である.

 心理部門の評価について,面接による評価,心理検査による評価,ストレス対処,心理部門による認知行動療法として,苦手な場面での社会的技能トレーニング,注意分散トレーニングが簡潔に紹介されている為,読んでみるとなるほどと感じる事が多い.

 評価から治療方針の決定,面接等から心理的変化の過程,その効果判定まで症例を通して説明してあるので,運動療法とは違う関わり方を参考して欲しいと感じた.


腑に落ちた画像.png
・ 疼痛との付き合い方の学びを目標にチームアプローチの統一する必要がある
1. 安易な心因性の疼痛とせず,痛みあるという部分を受け止め,疼痛コントロール・疼痛との付き合い方を探る体制をとる
2. 疼痛に対し,心理部分の探索を中心とせず,QOLの改善・痛みの管理を探索し医療として関わる
3. チーム全体でサポートしプログラムを構造化する.情緒的な支えの体験・自立を支える
:疼痛→セラピストによる除痛アプローチ,疼痛→薬物療法,疼痛→話の傾聴等と単独での関わりが中心になっている現状があると思う.チームとして慢性疼痛を捉えるかの重要性,疼痛をなくすという単純なものでなく,どのように受け止め,コントロールするかをチームで考える重要性を改めて感じた.


 心理面の回復による身体活動へのアプローチ効果の改善とそのプロセスを説明してある文献は,セラピストが目にする機会は少ないと思う.だからこそ身体面だけでなく心理面からどのように介入するかという選択肢を増やす,知見を増やすという意味で,認知行動療法の心理面の変化を考えられる目線は重要だと感じた.
記事:ひわ

posted by ひわ at 17:38Comment(0)疼痛