喫煙脳卒中患者と非喫煙脳卒中患者の回復期リハ病棟における調整FIM利得

概論図3.png

喫煙脳卒中患者と非喫煙脳卒中患者の回復期リハ病棟における調整FIM利得
徳永誠、松永薫、江口議八郎、渡邊進、中西亮二、山永裕明、米満弘一郎、
橋本洋一郎
JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION Vol.22 No5 P523—528


 脳血管疾患を発症した喫煙者と非喫煙者で、「できるようになって、しているADL(退院時FIM−入院時FIM)」を比較し、回復期リハでの治療効果の差異を研究している内容である。

今研究の指標:「退院時FIM−入院時FIM」
 このFIMを比較する事で、年齢・重症度が近いヒトを喫煙者・非喫煙者とで比較でき、他施設間での症例を比較する事ができるという考えが面白い。

 本研究の本質部分ではないが、喫煙率が男性約30%・女性が約5%と世の中の喫煙者はえらく少ないなと読んでいて思った。

腑に落ちた画像.png
・発症年齢での喫煙者と非喫煙者に差が出た(詳しい数字は文献参照)
 アテローム血栓性脳梗塞でのFIM指標に差が出た
 予後だけなら 喫煙者>非喫煙者
:文献にも記載してあるが、上下肢・体幹どの部位に障害が出やすいのか?病前の情報の比較はどうするのか、内科疾患を持っていないのか・・・等、条件を整える必要があると考える。1つの理解として、喫煙が脳血管疾患において発症に起因している可能性が高いことは、重要な部分である。

 本文献内にもあるように、喫煙が脳血管疾患の発症・再発とリンクしている事は、情報としても世の中に出回っている。患者様・利用者様はいろいろな情報網から情報をアップデートしている。医療者側はエビデンスに基づいて、喫煙は脳血管疾患の何に影響するのか?どうして悪いのか等、正しい情報を伝えて行く必要があると感じた。

 詳しいメカニズムに関しても、追加研究を期待したい。
記事:ひわ



posted by ひわ at 22:17Comment(0)概論