神経機能回復の基礎過程としてのシナプス可塑性

生理学2.png

神経機能回復の基礎過程としてのシナプス可塑性
幸田和久,柚﨑通介
総合リハ・42巻1号・2014年1月 P19-25







 シナプスの可塑性について,長期シナプスでの分子メカニズム,小脳内のプルキンエ細胞における受容体の機能等,教科書と知見を抜粋して紹介している内容である.

 シナプスに関する研究をしていないセラピストで,「脳」に関して勉強しようかと思っているセラピストへの入り口としては,不向きな玄人思考のないようだと思って欲しい.

腑に落ちた画像.png
・ 海馬の運動学習
複雑な道を運転しているタクシーの熟練運転手とバスの運転手の海馬の「ある部分」を比較するとタクシーの運転手の方が大きい
:ある部分というのが疑問ながら,長期抑圧(低頻度の刺激を海馬に与え続ける事で,伝達効率が低下してしまう)が関与している.

 その他脳の部位でも
  扁桃体—恐怖条件づけ
  側坐核—薬物の依存
  脊髄後角—神経因性の疼痛
についても小脳プルキンエ細胞との関わりが明らかになっている.詳細は文献を参照して欲しい.

・ 長期増強・長期抑圧の分子メカニズム
シナプス前部変化
 ・・・神経伝達物質の放出確率が変化する
シナプス後部変化
 ・・・神経伝達物質の受容体の数,感度の変化
:伝達物質の量が増えるのか,伝達物質の同一量に対して感度が変化するのかで,長期でのシナプスの可塑性が変化する.変化に対してどのように変化が起こったのかが重要で,シナプス前部か後部かが重要になってくる.

 難しい内容ながら,時間をおいてから読むとまた新しい発見ある内容だと思う.難しいから文献を読まないのではなく,今はここまでしか理解が出来なかったという部分を明確にできるという視点で文献を読むのも一つの方法だと感じた.
記事:ひわ



posted by ひわ at 01:51Comment(0)生理学