言語のモジュール仮説

脳図.png

言語のモジュール仮説
金野竜太,酒井邦嘉
総合リハ42巻・1号・27~33・2014年1月







人間の言語処理過程を脳における言語機能ネットワークとともに説明してる文献である.

言語のモジュール仮説を図やfMRIから脳内での機能部位を説明しているので,非常に参考になる.脳の専門的な用語を理解した上での説明がなされている為,勉強の導入としては難しい内容かと思う.

腑に落ちた画像.png
・(結論は出ていない)
音韻語彙的意味処理:単語レベルでの言語処理
聴覚的音韻処理:後上側頭回(ブロードマン22野)
語彙的意味処理:縁上回・左角回
統辞処理:文及び会話レベルでの言語処理
 左下前頭回・左運動前野外側
:統辞を文法の処理と解釈したものの,未だ研究者の中でも討論している内容が紹介されている部分は,現場の療法士として知っておく必要があると思う.だからこそ文法や文理解を踏まえたうえで,どのように声かけをするのかを患者様で考察する必要がある.そのレスポンスで,脳血管障害という大まかな情報から,画像診断前に推測する事のヒントに繋がると思う.

・ 文理解時の統辞処理の神経機構
○が×を押している (能動文)
×が○に押される  (受動文)
×を○が押している (かき混ぜ文)
:現象としては同じ現象ながら,言語により処理する主の部位が変化(左下前頭回三角,左上/中側頭回,左外側運動前野)し,信号変化量の違いを図を用いて説明している.

ヒトと関わる上で,言語は可能であれば使用するべきツールである.だからこそ身体機能を高めることだけに捉われず,言語理解を促すよう自分の声かけを考え直すきっかけになる文献だと思う.
記事:ひわ