切断者のスポーツ参加と理学療法—陸上競技の支援

概論画像.png

切断者のスポーツ参加と理学療法—陸上競技の支援
駒場佳世子、臼井二美男
PTジャーナル・第46巻第7号・2012年7月 P614-616







 切断者の陸上競技のルール説明、走行用義足の紹介、切断者陸上チームに参加したセラピストの活動・理学療法士の行ったことが紹介されている。

 確認、評価するポイントは一部違えども、評価・推測・アプローチ・考察・再評価するというプロセスは変わらない。

腑に落ちた画像.png
1. 走行用義足について
大腿切断者の走行・跳躍種目
・油圧式膝継手が多い(レスポンス、耐久性の点より)。
・板バネの長さじゃトップスピード時の健側に合わせる。
・足底にスパイク装着して、地面と摩擦を増やす。
2.走り幅跳びでは義足側からの踏切が主流
3.義足の問題点
 ・義足は回内外、内外転が生じないので、接地面積が減りカーブが難しい。
 ・上記のため、反発力が減って転倒しやすい。
・ 歩幅の微妙な調整が難しい。

:のため、走り高跳びでは健側からの踏切が多い等の情報が紹介されている。文献を読んでいると、「確かに」と思うところが多いが、私を含め知らなかったと思わせる内容が非常に多い。

この文献を読んで、
・ パラリンピックもどんどんテレビ放送してほしい。
・ オリンピックと開催を同時にすれば駄目なのか。
という当たり前の疑問を持った。内容からずれましたが・・・。
記事:ひわ



posted by ひわ at 22:29Comment(0)概論