パーキンソン病に対する運動療法の実際

脳画像.png

パーキンソン病に対する運動療法の実際
阿部勉
理学療法30巻2号2013年2月 P146—153







 題名通りパーキンソン病に対する運動療法について、基本的な情報からアプローチ方法まで症例をふまえて紹介している。

 教科書を一部抜粋し、臨床で行った治療方法が文章になっている為、復習をしたいヒトから臨床実習に臨むPTSまで読んで面白い内容だと思う。

 臨床推論・臨床判断を行う為に、全体像を把握するという表題があるが、この一言に集約されていると感じる。表1に紹介されている「処方箋項目と理学療法士の思考内容」に関しては、日常臨床で忘れてはならない部分だと感じる。

表1はパーキンソン病に限らず、全てに通じる内容の為、一読をお勧めしたい。

腑に落ちた画像.png
パーキンソン病の優位型分類
・ 振戦、固縮の優位型
・ 無道、姿勢反射障害の優位型
70代以上の高齢発症の場合、姿勢反射障害が多いとされる。
:若年性と高齢発症における優位さが出ている部分に関して、非常に納得してしまう。分類があるというのは統計的に起こりやすいという意味で知っておく必要があると思う。

 パーキンソン病に対して理解を深める上で、四徴が出ているのではなく、症状として四兆候が表出してしまうものだと思う。なぜ、パーキンソン病特有の症状が表出するのかという医学的な視点と、どのように・どの部分のケアを行っていくのかを評価し、チームアプローチを行う重要性を感じた。

長期にわたり進行していく疾患に対して、薬物療法と運動療法(治療的アプローチ・動作アプローチ・教育アプローチ)を理解の再考が重要だと改めて感じる。

記事:ひわ