最先端のエビデンスUpdate—褥瘡ケアへの理学療法の参画—

皮膚.png

最先端のエビデンスUpdate—褥瘡ケアへの理学療法の参画—
杉元雅晴、日高正巳、寺師浩人、吉川義之、前重伯壮、廣瀬秀行
理学療法学 第40巻第1号 P56〜58(2013年)






 褥瘡ケアについて理学療法士がどう関わるべきか、また、褥瘡ガイドライン2012の紹介が簡単にされている。

 理学療法士が褥瘡を捉える上で、創傷の治癒を阻害する因子(TIME)を理解する必要がある。
T:壊死組織、損傷した組織
I:炎症、感染
M:創傷面の感想、滲出液過多
E:段のある創縁

 この文献は慢性創傷や急性創傷のケアの違いやシーティング、物理療法を通しての理学療法士の関わり方が端的に書いてあるため、生活期に関わるセラピストだけでなく、急性期で勤務しているセラピストにも一読をお勧めしたい。

腑に落ちた画像.png
・ 褥瘡へ電気療法の適応
直流微弱電流、高電圧パルス療法(ガイドライン推奨度B)
超音波(ガイドライン根拠なし、臨床適応はされている)
:どちらも物理療法と言う理学療法士の専門分野であるが、電気療法・超音波ともに統計学的には効果があると示されているが、照射強度・時間・治療位置など、治療法を確立しきれていないのが現状で、追加研究を期待したい。

 杉元氏も文献内に書いているが、診療報酬の請求が難しいという部分が、褥瘡に対して専門理学療法として行うというより、生活指導や療養指導を行う上での+αとして行っていると言う現状に拍車をかけてしまっていると感じる。

 以前より褥瘡に対して、車椅子座位のシーティング、ベッド臥位のポジショニングが理学療法士に求められるポイントである。そして、どのような皮膚状態で電気療法と超音波を行うべきか、皮膚の状態を判断出来る知識も必要だと感じる。
記事:ひわ



posted by ひわ at 23:20Comment(0)褥瘡