専門職集団からみた臨床実習教育の実態と展望

概論図3.png

専門職集団からみた臨床実習教育の実態と展望
内山靖
PTジャーナル 第48巻第6号2014年6月 P513-515






 専門職軍団としての役割の再理解と現状の立ち位置から,今後の方向性までが表や図を用いて説明されている.

 本文献は専門職として1度は目を通して欲しい内容だが,時間のないセラピストには図1と表2の専門職の集団としての役割,臨床実習教育の今後の方向性について現状と導入状況をふまえてまとめてある為,この部分だけでも読む事をお勧めしたい.

腑に落ちたポイント!
学びについて
・ 学習者(学び手),学習支援者,学習環境の3つの関係の明確化
・ 何を如何に学ぶのか
:効果の高い教育指導法が,目の前の学習者に適応か否か?学習支援者にその指導法を使いこなせるか否か?そして,その環境が整っているか
:を考慮する事が,現場のセラピストが臨床実習教育について,良いきっかけになるのではないかと感じた.当たり前こそ難しく,言葉通りには中々行かない事も理解しているが,職域の拡大が望まれている分野での後輩育成として,考えるべき問題でもあると思う.

 教育は教員による教育現場だけでなく,臨床実習が存在する事でほとんどのセラピストに関わる内容だと思う.その為には,まず「役割」を正しく認識し,「現状」を問題点と共に理解し,「方向性」として定める事が重要であると感じた.
記事:ひわ




posted by ひわ at 17:06Comment(0)教育