研究とは何だろう?なぜ研究が必要なのか?

概論図3.png

研究とは何だろう?なぜ研究が必要なのか?
対馬栄輝
理学療法27巻2号 2010年2月 P352-356






 医療の理学療法と言う一分野の専門家として、研究の重要性を熱く語っている内容である。

現在の理学療法→先人の研究成果
今後の理学療法→今からの研究成果

 「SLRや漸増抵抗運動と重錘を用いた反復練習との実地効果の差異から、理論と臨床の間に疑問がある」と著されている部分は、固くなった自分の頭の中を柔らかくしてくれる内容となっており、一読をお勧めしたい。

腑に落ちた画像.png
・ 臨床家として適切で効率的な理学療法の実践を心がけるのであれば、臨床に反映されるよう常に研究の視点を持つ必要がある。
:結局、臨床での疑問を解決する為に試行錯誤する過程を、エビデンスに基づく事が研究と呼ばれるものではないのか?

・ PECOについて
P:どのような患者に
E:何を行うと
C:何に比べ
O:どのようになるか
:5W1HのようにPECOに疑問を当てはめる事で、臨床研究の目標が明確になる。そこからEBMに基づいて「O」の結果から考察して行く必要がある。

 常に疑問を持ち、まずは日本語で書いてある資料を探し、上司や先輩、友人に質問する事が、臨床に求められている。実に当たり前の事のように思うが、社会の変容に伴い、当たり前が当たり前でなくなっている昨今なので、改めて研究の重要性を感じる。
記事:ひわ



posted by ひわ at 10:36Comment(0)概論